年収別

年収200万円の方が住宅ローンを借り入れるためのおすすめ返済プランとは?

「年収200万円です。それでも住宅ローンは組めるのでしょうか…?」と不安を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
確かに年収が低ければ金融機関からの信用も難しくなるかもしれません。ですが「はい、そうですか」と諦めてしまう必要はないかもしれませんよ?

  1. 住宅ローンを組むには条件を絞ってみよう!
  2. 年収200万円の方はいくらまで住宅ローンを借り入れることが可能なの?
  3. 返済期間はどのくらいで住宅ローンを組めばいいの?

今回は年収200万円の方に絞ったおすすめ住宅ローンをご紹介したいと思います。

年収200万円の方向けのおすすめ返済プラン

住宅ローン フラット35
返済機関 35年間
金利タイプ 固定金利
返済負担率 30%
毎月の返済額 5万円
借入可能額 1,200万円
自己資金 300万円以上

借り入れのポイント

・「フラット35」を選ぼう!
・返済期間は「35年」と長期返済で考えよう!
・「自己資金(頭金)」のために最低300万円は貯めておこう!
・購入物件価格は「1,500万円程度」で探してみよう!(中古物件も検討してみるのもアリかも)

年収200万円の方が住宅ローンの借り入れを行う場合は、まず金利タイプを「固定金利」とすることから考えていくと良いでしょう。
仮に金利が低いからと「変動金利」を選択した場合、今後の返済期間中に金利上昇してしまったときに毎月の返済額も高くなってしまい、家計が苦しくなってしまうケースがあり得るからです。
住宅ローンの中でも「フラット35」を利用することをおすすめします。

【フラット35とは】
民間金融機関が住宅金融支援機構へのローン債権売却を前提として提供するタイプの住宅ローンのことです。
住宅金融支援機構は買い取った民間住宅ローンを担保として資産担保証券の発行を行いますが、買い取り対象としている住宅ローンには「長期固定(段階金利を含む)」、「保証人不要」、「繰上返済手数料無料」などの特徴があります。

35年の長期固定金利で一番安いに入り、「団体信用生命保険」への加入は諦めた方が良いでしょう。返済負担率は審査を通るギリギリの30%を想定すると、おおよそ1,200万円の借り入れが可能でしょう。

年収200万円の方に最適の返済金額と返済期間とは?

年収200万円の方の無理のない返済年数と返済金額は、年収200万円であるならば返済負担率が25%以下と考えておくのがベストです。

年収200万円であれば「200万円×25%=50万円」が年間返済額の上限で、毎月の返済額の上限は約4万円となります。
無理のない住宅ローンを考えるならば、購入金額は年収の5倍から6倍までと言われているので、年収200万円の方であれば、おおよそ1,000万円から1,200万円の住宅であれば、無理のない返済金額となります。

「フラット35」であれば、金利が1.10%で1,000万円を最長35年で借り入れた場合の毎月の返済額は2.9万円となります。
同じ条件で1,200万円の住宅ローンを組んだ場合の毎月の返済額は3.5万円となります。

いずれの場合でも賃貸マンションの家賃相場以下で支払いができそうです。

ただ注意しなくてはいけないのは、1,000〜1,200万円の住宅ローンで希望するような物件が購入できるのかという部分です。
もし希望する物件がこの金額を上回る場合に、無理をして借入額を上げてしまえば後々自らが返済に苦しむことになってしまうでしょう。
そうならないためにも、最低でも300万円の自己資金を貯蓄しておく準備は必要になると思います。そうすると1,500万円まで購入価格が上がり、その分選択できる不動産物件の幅も広がるでしょう。
 
 

さいごに

年収200万円の方の場合、マイホームの購入金額は1,200〜1,500万円で考えると無理のない住宅ローンの返済が可能でしょう。
ただし、子育て世帯の場合では住宅ローンの借り入れ金額が2,000万円を下回るケースは厳しいかもしれません。都内など大都市では2,000万円でも新築マンションや中古住宅の購入は難しいでしょう。地方都市であれば住宅の購入額が2,000万円を下回る物件も存在するでしょうが、好条件を求めるならばやはり2,000万円を上回ることが考えられます。
子どもがいて年収200万円であれば無理してマイホームを購入するよりも、今後の子どもの教育費や諸々の必要資金を考慮して、年収をアップさせ住宅ローンの借り入れ金額を上げる方が賢明であるかもしれません。

よく読まれている記事

最新の記事

PAGE TOP